2014年07月19日

2014年7月第203回例会

土曜から日曜にかけての宿泊例会が、堺市のホテルで行われました。

午後三時頃から、会場のホテルに会員たちが集合。夕食の時間までを使い、それぞれ持参のパズルの紹介やそのパズルを解いて遊んでいました。食事は、6時にN会長の挨拶・乾杯で始まり、豪華な仕出し料理にみな舌鼓を打ちました。
20140712-1.jpg

夕食後からが、この宿泊例会の本番、醍醐味の時間です。いろいろなパズルに挑戦する時間であり、パズルについて、みなと談義したり雑談したりする楽しい時間です。行動は自由ですので、眠くなったものはホテルの自室へ。夜中になると海外製のゲームなども登場し、みなでゲームに興じたりしました。

翌日は、関西ぱずる会宿泊例会の第二日目。朝食のあと、9時半頃からY氏の司会により例会が始まりました。参加者は20名。始めに会誌96号の編集者M氏から編集の弁があり、編集中にプリンターが故障して苦労したがなんとかやり終えたとのことでした。

20140713-2.jpeg

続いて一人ずつ、最近入手したパズルや本、資料などの発表へ。多数の回覧物がまわりました。発表は途中休憩を挟み、終ったのは12時20分頃でした。

20140713-1.jpeg
20141713-3.jpeg

関西ぱずる会では、このような宿泊例会が年に2回、1月と7月に開催されています。参加費も手頃であり、パズル好きに取っては、ほぼ1昼夜の間思う存分パズルに浸れる、正に至福のひとときと言えると思います。
posted by 関ぱスタッフ at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

2014年5月第202回例会

例会には12人が出席。今回は、北陸先端科学技術大学院大学からU氏が出席され、JAISTギャラリーのパズルコレクションの紹介などをされました。また、"Gathering 4 Gardner"という今年3月にアトランタで行われたパズル大会で世界のパズル家・数学家300人と交換したパズルの紹介があり、膨大なパズルの回覧がありました。そのほかには、パラドックスの本、ポリオミノの本、連続数を用いた数作り、ナンクロの解き方、自作不可能物体、クラインの壺、医学専門書にパズルが掲載されていることなど、幅広いジャンルの発表があり、参加者は楽しいひとときを過ごしました。
3ab8d08f25db4032aa3364a1633aebf355f4a9a3.26.2.9.2.jpeg
9c57aaaa967cf7fce6c593187baddb12d9017e34.26.2.9.2.jpeg
bd162cb3d1afeed3f55c728c0b3f14426943b5fb.26.2.9.2.jpeg
posted by 関ぱスタッフ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

2014年3月第201回例会

会場が臨時変更となり、立花公民館で例会が行われました。今回の出席者は9名でした。

先ず会誌95号が配布され、その後、参加者からの研究発表や最近入手したパズルや書籍の紹介がありました。
Kさんは、新しく発行された料額の切手を使った切手方陣を6種発表されました。あわせて、これまでに日本で発行された切手の料額についての薀蓄を聞くことができました。
Hさんは、メビウスの帯状に編んだネックウォーマー(写真参照)を回覧され、どのようにして編んだのかも解説されました。
その他、今回はパズル関連の書籍が多く紹介されました。
9efa579c62e014ed792a77c81094b802f8351db7.26.2.9.2.jpeg
posted by 関ぱスタッフ at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 例会記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする