2020年11月29日

覆面算:祝 関西ぱずる会創立40周年(会誌115号より)

関西ぱずる会の会誌には、数理パズルの研究やパズル玩具に関する発表、パズル関連の情報などが掲載されています。
今回は、会誌115号より武純也氏の覆面算の記事を紹介します。

1980年11月の本会創立以来、今年(2020年)で40周年となることから、それにちなんだ覆面算をいくつか投稿されています。
最初の問題は次のようなものです。

   かんさい
+ ぱずるかい
ーーーーーーー
 よん拾ねんか

武純也氏は、パズル雑誌ニコリ誌上でも活躍されていますのでご存じの方も多いかと思いますが、覆面算の研究者としては第一人者のおひとりで、時事覆面算や数詞覆面算などを毎回会誌に投稿されており、数楽ファンには楽しみのページです。
今号のこのページには、他に40にちなんだひらがなとローマ字の数詞覆面算や会誌号数115号にちなんだ数詞覆面算も掲載されています。
覆面算の大御所である武氏ならではの様々なバリエーションの覆面算をお楽しみください。

↓こちらをクリックすると、PDFファイルが表示され拡大してご覧いただけます。
PDF表示
kaishi115.jpg
<覆面算のルール>
・1つの文字は1つの数字に対応します。
・同じ文字には同じ数字、異なる文字には異なる数字を入れて、正しい計算式を作ります。
・最上位の文字(□を含む)は0(ゼロ)ではありません。
・最初から出ている算用数字は、そのままの数を表します。
 (他の文字が、その数字と同じ値でも可)
・濁点、半濁点は、別の文字として扱います。
・□にはどんな数字を入れてもOK。
 (文字に入れた数字を入れてもよく、□どうしが別の数字でもよい)

最後に、著者から以下のコメントをいただきましたので紹介します。

(武純也氏コメント)
関西ぱずる会NEWSにはもっぱら数詞覆面算を適当にアレンジして原稿を作っています。数詞覆面算を初めて見る人は驚きますが、見慣れてしまえばまたかと思うだけ。これを作るソフトを自分で作ってたくさん資料を集めましたが、パソコンの進化とともにソフトが使いにくくなり、先も長いことではなさそうだし、そろそろ終活の準備を考えるようになりました。でも、元気な間は数詞覆面算がらみで会誌に投稿を続けます。今後ともよろしくお願いします。

これからも、毎号会誌に投稿される覆面算が楽しみですね。
posted by 関ぱスタッフ at 09:22| Comment(0) | 会誌の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月31日

Twitterで人気のあった問題ベスト10(会誌114号より)

関西ぱずる会の会誌には、数理パズルの研究やパズル玩具に関する発表、パズル関連の情報などが掲載されています。
今回は、ヒラメキが必要なパズル関連の記事を紹介します。

会誌114号に掲載された田守伸也氏の「Twitterで人気のあった問題ベスト10」(全4ページ)を、ご本人に当ウェブサイト用に内容を抜粋して2ページにまとめ直していただきました。
さらに、会誌ではモノクロですが、特別にカラー版をご提供いただきました。

田守氏がTwitterで出題された問題から人気の比率で1位から10位まで紹介されています。
さて、人気の比率はどのように計算しているのでしょう?
その計算式は・・・記事をご覧ください。

↓こちらをクリックすると、PDFファイルが表示され拡大してご覧いただけます。
PDF表示

kanpa202007-1.jpg

kanpa202007-2.jpg
posted by 関ぱスタッフ at 20:15| Comment(0) | 会誌の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月30日

算数問題はパズルである!第1話(会誌113号より)

関西ぱずる会の会誌には、数理パズルの研究やパズル玩具に関する発表、パズル関連の情報などが掲載されています。
今回も、最新の会誌から数理パズル系の興味深い記事を紹介します。

会誌113号に掲載された上山秀幸氏の「算数問題はパズルである! 第1話」(全8ページ)より最初の2ページの抜粋(3問)をご覧ください。
小学生レベルで解ける算数問題であってもヒラメキ(発想力)が求められると、正にパズルを解いている感覚です。

今後、第2話、第3話と続く予定のようですので、これからも楽しみですね。

↓こちらをクリックすると、PDFファイルが表示され拡大してご覧いただけます。
PDF表示

kanpa202003-1.jpg

kanpa202003-2.jpg

・・・会誌では、さらに続き9問までありますが、今日はここまでの紹介で失礼します。

posted by 関ぱスタッフ at 14:57| Comment(0) | 会誌の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする